酒造りについて

自然と環境

新潟県は日本全国でも有数の豪雪地帯。深い雪は良質な米と豊富な水をもたらします。わたしたちの蔵がある長岡市は、冬の日照時間が短く昼夜の気温差が少ないという、古来より名酒づくりの基本条件とされる「寒仕込み」に適した環境に恵まれています。

新潟県は醸造試験場や清酒学校など酒づくりを学ぶ場も整っており、特に長岡は新潟県内でも最多の酒蔵数を誇る地域。古から現代に到るまで、杜氏の技が磨かれてきた場所でもあります。

水と米

長谷川酒造では、すべての酒を信濃川の伏流水で仕込んでいます。信濃川には、長野県では八ヶ岳、槍ヶ岳、穂高岳など日本百名山とも称される山々の水が、新潟県ではさらに長岡東山連峰の水が流れ込んでおり、名水をかけあわせた伏流水は口当たりの良い、柔らかな軟質。この水でつくる酒は、雑味のない澄んだ味わいになります。

酒米には、新潟県産はもちろん、わたしたちがおいしいと思うお米を厳選して使用しています。その年採れた、それぞれの米の魅力を最大限に引き出すため、杜氏、蔵人が工夫を凝らしています。

人の手

長谷川酒造では、昔ながらの手作業にこだわって酒造りを行っています。精米された米は、傷つけることのないよう手で洗います。蒸米には、スチームではなく和釜を用い、蒸時間は杜氏の培った長年の勘と蓄積された分析データに従います。そのほか、麹づくりはもちろん、すべての工程において、人の手で丁寧につくるということを大事にしています。

小さいタンク、こじんまりとした蔵。目の届く範囲で我が子を育てるように、慈しみながらおいしいお酒を育てる酒造りです。

ゆらぎを
たのしむ

杜氏、蔵人たちは、その年採れた米の魅力を最大限に引き出すため、敏感に季節の変化を感じ取り、知恵と勘を絞り出して酒を醸していきます。味を整えるためのブレンド作業もしていません。だからこそ、同じ気候の年が一度もないように、酒の味も、年ごとにタンクごとに、豊かにゆらぎます。その豊かな違いをたのしむのも日本酒を味わう醍醐味だと思っています。